技術者として仕事をするフリーランスエンジニアは、営業活動を自分で行わなければなりません。その際の重要な課題が、いかに相手に興味を持ってもらえるかです。
相手に興味を持ってもらうためには、自分がどのような仕事をしているか伝える必要があります。その際に使われるのが名刺で、多くの人に渡しておくと人脈ができ、仕事がしやすくなります。

フリーランスエンジニアが名刺を作る際に気をつけるべきことは、どの程度まで名刺に個人情報を載せるかです。
サラリーマンであれば会社の情報を書くだけなので簡単ですが、個人で仕事をしている場合は対応が必要になります。下手に自宅の情報を書いてしまうと、トラブルになるので気をつけなければなりません。
名刺に使う紙も気をつけるべきでしょう。手を抜いていると思われないためにも、品質の良いものを選ぶ必要があります。

フリーランスエンジニアが名刺を作る際は、どういった仕事をしているか書かなければなりません。どのような仕事ができるか明確でなければ、相手も評価しづらくなるでしょう。
インターネットに関する仕事をしている人は、Webエンジニアなどと書いておけば、より相手に伝わりやすくなります。また、SNSを使っている人は、アカウントなどを名刺に書いておくとコミュニケーションがしやすくなります。
名刺に載せるアカウントは個人用のものではなく、仕事用のものにしておくと良いでしょう。メールアドレスなども書いておけば連絡がしやすく、仕事を得やすくなるので効果的です。

このように名刺はフリーランスの成功を左右する大事なアイテムなので、どういったものにするかよく考えることが大事です。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 名刺にまつわる重要ポイント. All Rights Reserved