フリーランスになった際の重要な課題は、名刺についてです。
企業に勤めている場合は企業名に頼ることができますが、フリーランスは企業名を語ることができないため、自分の顔を売る手段を身につけなければなりません。その顔を売る手段として効果的なのが、名刺の利用です。
しかし、何処でも見かけるような普通の名刺を作るのは、フリーランスにとっては良くありません。普通の名刺では取引相手の記憶に残りにくいため、フリーランスには不利な状況を作ってしまいます。

こういった問題を解消したいときに重要になるのが、オリジナリティーのある名刺を作ることです。例えば名刺にユニークな言葉を書いておくだけでも、営業を行うときに相手の印象に残りやすいと言えます。
名刺のサイズを一回り大きくしてみるのも効果的な方法でしょう。普通の名刺よりも大きいサイズにすることで、文字が読みやすく、自分の名前や住所、連絡先などが相手の記憶に残りやすいというメリットが得られます。
このようにオリジナリティーの高いものを作っておくことで、同じ業界で働くライバルとの差を広げることができるでしょう。

注意すべき点はユニークさを重視しすぎて、伝えたい情報が相手に伝わりにくくなることです。
名刺は相手に自分の情報を伝えることができるツールです。しかし、重要なポイントは名刺を渡すところではなく、名刺によって仕事を獲得することです。
取引を成功させるためにも、読みやすいものにすることも大切になります。

このように名刺はフリーランスの成功を左右する大事なアイテムなので、どういったものにするかよく考えることが大事です。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 名刺にまつわる重要ポイント. All Rights Reserved