名刺の管理をいかにして行うかは、ビジネスマンにとって重要な課題になっています。
エンジニアとして企業で働いていた際にはそれほど他社の人との接点がなく、名刺の管理にはあまり苦労しなかったかもしれません。しかし、フリーランスエンジニアになって自分で営業活動をする場合には、何百枚という名刺を管理しなければならないのが通例です。
取引先の候補となる人の名刺は適切に管理し、必要に応じてすぐに参照できるようにしておく必要があります。そのための基本は電子化して管理することで、名刺を受け取ったらすぐに電子化する習慣を作っておきましょう。

電子化すると、検索が簡単になるのがメリットです。データベースソフトやアプリなどを使用すると、容易に管理できる体制を整えられます。

電子化と管理の簡便さを重視するなら、アプリを使うのが良いでしょう。
自分なりに使いやすいアプリをスマホかタブレットにインストールしておけば、それだけで十分です。名刺を受け取った後写真を撮るだけで、肩書きや住所、連絡先などの情報を自動的に判別して検索可能な形でデータベース化できます。

名刺の電子化に手間がかかってしまうと時間のロスが大きくなり、エンジニアとして仕事をしている時間が限られてしまいがちです。
営業活動にかかる時間や労力を最小限にするのは、フリーランスで稼ぐための基本として知られています。そのためにはアプリをフル活用して、管理する体制を整えることが大事です。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 名刺にまつわる重要ポイント. All Rights Reserved